ホーム>ヘアメニュー>カラーリング

カラーリング

カラーリング40日制のお知らせ

前回のお染から40日以内にお越しになりますと大幅割引制度がございます。

カラーリング04

一般的にヘアーダイは髪の毛を傷めると考えられていますが、ご安心ください当店のヘアーダイでは髪の毛を傷めることはございません。

むしろ、もとの健康毛の状態、あるいは、より健康な状態でおしゃれを楽しんでいただけます。

ヘアーダイの技術と特徴

酸性カラー

白髪染めからおしゃれ染めまで豊富なカラーバリエーションをお楽しみいただけます。

ペンキ

えっ!髪にペンキを塗るのですか。いいえ技術の名前がペンキです。
植物性の天然樹脂から作られた自然な染毛料 、しかもマニキュアーよりも 大変色持ちが良いのでお客様には大好評です。

ナノフラッシュ(ヘナ)

ハーブを使った染毛料、髪の健康増進に、世界中で愛されています。 当店では、完全にジアミンフリーのエチオピア産ヘナ、ナノフラッシュを使用しています。
サロンド・サンでは、美容業界ではじめてのエチオピア産ヘナ(商品名:ナノフラッシュ)を取り入れました。
従来のインド産ヘナに比べて安全性が高く、抜群のトリートメント効果があります。

カラーリング&パーマを同時に施術できます。

カラーリング05

サロンド・サンで画期的な技術を導入しました。


今まで、パーマとカラーリングを同じ日に施術する場合、最初、カラーリングをして、そのあとでパーマを施術していましたが、今回導入した技術では、カラーリング剤を塗布しながらパーマ用のロットをドンドン巻いていきます。

つまりパーマとカラーリングを同時に行います。この技術を可能にしたのは、パーマの項でも説明しましたがコールド液もアルカリ剤も使用しないパーマ技術です。

施術時間もパーマ&カラーリング同時に行って施術時間は従来の半分以下の2時間前後で完了します。

お客様から頂いた「ナノフラッシュ」のご感想

非常にいいとは先生から聞いていましたが、これほどすごいものとは知りませんでした。正に、劇的に髪の状態が変化しました。まるで、自分の髪ではないみたい。はっきりいいって終わってから自分の髪に触ってみましたが、自分の髪とは思えないです。こんなに短い時間で、よくなるなら、もっと早くすればよかった。娘にも是非勧めます。

今までのヘナでは地肌が少しかぶれましたが、ナノフラッシュで地肌にべたべた塗られたときは、怖かった、不安でした。終わってから、地肌を見てびっくり、全くかぶれがありませんでした。それもよりも、もっと驚いたのは、髪の染まり具合とツヤです。正に絹の光沢でした。

カラーリングの価格

ヘナを使ったハーブ染めが好評,ナノフラッシュ、酸性カラー。

ケミカルカラーリング ¥5,616より~
ヘナ ¥8,640より~
ナノフラッシュ ¥9,720より~

Q&A 植物染料の疑問を解決

化学染料とどう違うの?

カラーリング01

化学染料(ジアミン系染料)は、発色のスピードが速く大体30分程度で毛髪に染着します。
その後、時間とともに残留アルカリによる漂白、染料の流出などにより、洗うたびに退色していきます。ヘアーマニキュアも同様で、染着方法にもよりますが、染毛当日が一番よく染まっており、洗髪ごとに染料が流出していきます。

ナノフラッシュは独特な染毛方式により、一般的な植物系染料よりは早く、そして深く染着させることができます。染まり方にも特徴があり、染毛当日より1~2日、日を重ねるごとに発色します。またヘナの特徴で、地毛に自然になじみます。

人によっては染めていることに気が付かないほど自然に染まります。もちろん優しい染料ですので、時間を経て洗髪すると自然に退色します。

今までのヘナとどう違うの?

今までのヘナは一般的にインド産のものですが、特徴は、オレンジ系の単色を用いることが多いです。オレンジ色のみでは、対応できる毛髪の範囲が限られます。
また、発色が難しく、発色剤としてジアミン系の薬品を内緒で混ぜているケースが多く、ジアミンの害による毛髪や皮膚が痛みやすいという欠点がありました。

ヘナは元来天然植物系の染毛剤のはずですが、発色の難点を補うため、化学品が使われていた事もあるようです。サロンド・サンのナノフラッシュは完全にジアミンフリーで化学品は使用されていません。公的機関の分析もあります。

カラー剤のアレルギーってなに?

薬剤に含まれるアルカリ剤による発赤または、主染料であるジアミン系染料によるかゆみ、腫れがあります。
一般的にカラー剤のアレルギーは、ジアミン系染料のアレルギーをさすことが多いです。人によってはいきなりショック症状を起こす場合があるのでジアミン系染料を施術する場合は必ず事前のパッチテストをお 勧めします。

補足

合成化学薬品の長期にわたる連用はさまざまなリスクを伴います。アルカリ剤やジアミン系染料の連用は頭皮を疲弊させ毛髪の育成を妨げます。
長期間使用すると却って白髪が増えたり、頭髪の細毛化や疎毛化を促進します。

おしゃれ染めはできないの?

従来のヘナは発色の難しさから、お客様も美容師もヘナ=白髪染めと言う理解ですが、ナノフラッシュは、ジアミン系の化学染料によるかぶれを心配されている 方にもお勧めです。
ブライトアップしてから、ナノフラッシュで色味を足すことにより、おしゃれ染としても新しい感覚がお客様に大変喜ばれています。

植物染料(ヘナ)は危険だと聞きましたがナノフラッシュは本当に安全なの?

カラーリング02

国民生活センターによりますと、ヘナの一部の商品に発色を安定させるために、化学染料(主に、ジアミン系染料)を入れているにもかかわらず表示していない商品が多く見られました。

このことを知らずに使用した消費者の間にアレルギー反応が出てしまったケースがありました。

特に敏感なお肌の方などが、「天然植物染料なら安心」という認識だけで使用すると、場合によってはアナフラキシーショック症状を起こし大変危険なことになります。

このショック症状は、例えば蜂毒や輸血時に起こりうるアレルギー症状と同じです。ナノフラッシュは、100%植物染料ですので、アレルギー反応を起こす可能性は非常に低いといえます。
ただ、蕎麦アレルギー、大豆アレルギーなどのように、100%天然なものでも、体質によっては重いアレルギー反応を起こす場合があるように、ナノフラッシュについても事前のパッチテストをお勧めします。

ナノフラッシュはどのくらい時間をかけなければいけないの?

化学染料と比べると、植物染料なので時間は長くなりますが、合計1時間程度の放置時間で十分発色します。
施術後1~2日たちますと、とても深みのある、すばらしい色が出てきます。是非一度ご来店の上お試しください。

ナノフラッシュはどんな色に染まるの?

ナノフラッシュには、ブラウン、パープル、シェバ、イエローの4色があります。これらの色を組み合わせることによって色味の幅が出ます。天然ヘナ100%なのにしっかり染まるのがナノフラッシュの特徴です。

補足

色をしっかり残していきたい場合は、ブラウンをベースに、しっかり染まって自然に戻したい場合はシェバをベースにより深く染着させ場合は、パープルをベースに、ナノフラッシュをミックスして使用します。

パープルをベースの場合は時間が少し掛かります。

カラーリング03

当店では現在「ヘナ」に特に力を入れています。

ヘナ(ヘンナとも言います)とはインド、ペルシャ、北アフリカに自生するイボタ科の潅木で、その葉は古くからインドの女性の髪の毛や肌の天然トリートメント、また、染毛料として多くの人々に愛されてきました。

トリートメント効果が高く、特に髪の毛自身を強くし、すばらしい光沢を与えます、しかも天然素材ですので薬害の心配がありません。

明るい色に染まりにくいという欠点がありますが、当店では技術的に改良を重ね、かなり明るい色もお楽しみいただけるようになりました。

ヘナの髪の毛に作用する主成分は「ローソニア」といわれる物質で毛髪のケラチンとよく似た物質です、したがってヘナの持つ色素はケラチンの中に自由に浸透し、しかも髪のキューテイクルを強く引き締め髪の毛の持つ自然な光沢を引き出します。
健康志向、本物志向が高まる中、健康雑誌「ゆほびか」の5月号で「ヘナ」の安全性と髪の健康増進の観点から当店の技術が高く評価されました。

完全予約制

ご予約は0120-04-5520フリーダイヤルでメールでのご予約も承ります。
学割制度がございます、詳しくはお電話で。 表示価格に消費税は含まれています。
当店では、全て「木のロット」を使用します。
エバーロットは使用しません。 JCB・UC・DC・MC・NICOS・SAISON・VISA・MASTER・APLUS・ION・ORICO加盟店